NEWS最新情報

JP/EN

2019.04.12

DANCE DANCE ASIA-Crossing the Movements 東京公演2019 開催決定!


アジア9都市でのべ3万人以上の観客を動員
ASIAのストリート発、新たな表現を拓くダンス

国際交流基金アジアセンターと株式会社パルコは、2019年7月12日(金)~14日(日)の3日間、東京・池袋の東京芸術劇場シアターウエストにて、日本と東南アジアを代表するストリートダンサーの共演「DANCE DANCE ASIA-Crossing the Movements東京公演2019」(「ダンス・ダンス・アジア ~クロッシング・ザ・ムーヴメンツ~東京公演2019」)を開催します。

DANCE DANCE ASIAは、舞台芸術の「新しい表現手法」としてここ数年来、高い関心が寄せられているストリートダンスを軸としたパフォーミングアーツ作品を制作するプロジェクト。プロジェクトを通してアジア域内の交流促進と新たな文化の創造を目指すべく、2014年にスタート。これまでに東京を含むアジア9都市で、14回にわたる公演やツアーを開催、のべ400人近くのダンサー(アーティスト)が参加、総観客数のべ3万人を超える大型プロジェクト。

今回は国際交流基金アジアセンターが主催する、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典「響きあうアジア2019」の主要プログラムのひとつとして、アジアのダンス界で話題のクリエイターをラインナップ。東南アジアからは、3T(スリー・ティー / ベトナム)、Nikii(ニッキー / タイ)がそれぞれ振付・演出を務め、多国籍で構成される気鋭のダンサーたちとともに、卓越したテクニックと表現力、音楽が融合された作品を披露。3T演出作品には世界タイトルをもつ日本のBboy、Katsuya(カツヤ)が、Nikii演出作品には振付演出家でコンドルズのメンバーでもあるスズキ拓朗が振付・演出補佐として参画。

さらに、今回は日本のクリエイターも多彩な顔触れ。KITEとRADIOFISHのFISHBOYとのユニットCrazy Rollers、2016年ロサンジェルスで開催された世界的コンテストVIBE DANCE COMPETITION XXIで日本人として初めて優勝を果たした実力人気とも若手ナンバーワンのユニットGANMI、Koharu SugawaraやMIKEYはじめ、世界のダンサーが注目する弱冠18歳のスーパーダンサーkEnkEnのそれぞれが、東南アジアのダンサーを招き特別編成の作品を上演します。

アジアの演出・振付家、ダンサー、クリエイターたちが共に創り上げたパフォーマンスを披露する今回の東京公演で、ストリートダンスの魅力や更なる可能性を発信します。