INTERVIEWインタビュー

演出振付家 MIKIKO
スペシャルインタビューシリーズ

TALK LIKE DANCING! ―オドルヲカタル!―

なぜ彼らは踊り始めたのか? そして、ダンスは彼らの人生をどう変えたのか?
ダンス・ダンス・アジア公式サイトが、アジアのダンスシーン最前線で活躍する人々を直撃。
スペシャルインタビューシリーズ「TALK LIKE DANCING!―オドルヲカタル!―」。

MIKIKO 演出振付家・ダンサー 写真
演出振付家  MIKIKO【中編】

「観る側と演じる側、二つの思いが合致する瞬間」

MIKIKO氏へのインタビュー中編では、振付や演出への考えをインタビュー。さらに自身が立ち上げたユニット「ELEVENPLAY」への思い、そこで表現し続ける意味について語ってもらった。

MIKIKO 振付家・ダンサー 写真

MIKIKOさんは振付の際に、独自の設定や物語を考えるそうですね。

ダンスは身体でしか表現できないので、いかに作る側が背景をしっかり持って、歌のある曲なら歌詞を咀嚼して、観る側が気持ちのよい行間を研究して創るかが大事だと思っています。そして、振付を提供した相手がそれをどこまで身体に入れて踊りにできるかも大事。自分なりにテーマと背景を熟考することプラス、踊り手がいかに振付を理解して踊るかが大事ですね。そこから最終的に、踊る人の性格や魅力を感じられるところにまでいくのが一番の理想です。

素材を解釈するところから始まるという点では、MIKIKOさんの振付には、演出という要素が色濃くあるのでは?

そうですね。私の場合、表現の道具が身体だったということなんです。小説家にとってのペンや音楽家にとっての楽器が、私にとっての身体。ダンスは私にとって何かを表現するための一つの手段、手法なんですね。そして曲の振付一つをとっても、それをどういう人が踊るのか、どういうフォーメーションにするかまでを考えていくと、必然的に演出の要素が含まれてくる。そこから、振付が全体の中でどう見えるかを含め、全体的な演出までを考えるようになりました。

それが演出家としての活動にも繋がっていったと。ダンス・ダンス・アジアでも、振付家が舞台作品を演出しますが、振付と演出には重なる領域もあれば、そうではない領域もある。MIKIKOさんはステージを演出する際は、どういった創り方を?

全体のテーマを決めて、そのために必要なピースをどう繋いでいくか、という考え方をするほうです。そして繋ぎをいかに面白く見せるか。どう観客の期待に応え、予想を裏切れるかという部分は演出家の持ち味でもあると思うし、やっていてすごく楽しいです。
「この場面にはどういうトーンの音楽がいいだろう?」とか「テンポの速い曲が続いたから今度は引き算してみようか」とか、そういうことを考えるのは、一番最初に演出をしたときからあまり苦ではなかったし、その頃から基本的な創り方も変わりません。
MIKIKO 振付家・ダンサー 写真

その感覚や創り方はどうやって身につけたんですか。

どうなんでしょう(笑)。演出家として活動する以前から、発表会で各先生の振付をまとめて1本にすることはやっていたんですが、バラバラな作品を繋げて快適に観られるようにするのは好きでしたね。そこから、今度は自分の思いを語る作品を創りたいと思って、『DRESS CODE』(編注:2005年に上演。MIKIKO氏が作・振付・演出。20代の「オンナノコ」たちが主役の舞台作品)を演出して。それが初めての演出でしたが、自分の思いを語る作品だったのでより演出しやすかったです。もちろん演出には絶対的な答えがあるわけではないので、悩んだ部分もありましたが。

振付以外の演出手法については、どう知識を広げたのかも気になります。

今もそんなに知識があるとは思いませんが、やっぱり自分の好みをわかってくれるスタッフと関係を築くことが一番大事ですね。ニューヨークから帰ってきてすぐの頃は、私も自分の描きたい世界を説明するのが下手で、スタッフから「この人は何を言ってるんだろう?」と思われていたでしょうけど、「ここは赤じゃなくてどうしても青の照明なんです」と一つひとつ、考えを伝えることを何度も何度も重ねて、お互いに歩み寄って関係性を作ることができた。今やっと作品を多く説明せずとも、ガーッと創ることに集中できる、しっかり噛み合ったチームになってきたと思います。
それにはどうしても時間が必要だったし「こんなことをやりたい」というのを、いかに説明をするかにはすごく苦労しました。私はあまり説明が上手ではないので(笑)。今はまずプロットやプランを書き、それにどんなアイデアが見合うのか話し合いを重ねます。
MIKIKO 振付家・ダンサー 写真

そしてMIKIKOさんは現在、ELEVENPLAY(編注:2009年にMIKIKO氏が立ち上げた、ジャンルの異なる女性ダンサーで編成されたユニット。舞台・映像・スチールなど幅広い場で活動を展開)を率いられています。なぜこのユニットを始められたのですか。

『DRESS CODE』を創った際、「今後、演出家としてやってみないか?」というお話をいただいて上京したんです。広島の仲間も大事だし、情報過多じゃない場所でダンスを深めていくことも大事だと今も思っていますが、演出を本格的にやるとなったとき、東京には発表する場所も勉強する場所もいっぱいあると思ったので。
だけど、日本の中だけで学んでいてもしょうがないと思ったんです。それで「自分が何を表現したいと感じるか?」を課題にニューヨークへ行き、古きよきものから新しいものまでを学びました。そうして帰国したら、ニューヨークに行く前はまだ売れていなかったPerfumeがブレイクしていて。
日本に帰国したらありがたいことに、振付師としていろんな経験をさせてもらうことに。なので、帰国後の10年は振付家としての10年だったんですよ。
ただ、私がニューヨークに行った理由は、舞台の上で自分の表現をしっかり残していきたかったから。だから、人を輝かせるための提供もするけど、自分の演出家としての表現を追求する場としてスタジオを借りて仲間を集め、思いやこだわりを共有した場所で、そのときの自分を発表しようと思ったんですね。
そうやってバランスを取らないとしんどいだろうと思ったし、好きなことを仕事にさせてもらっている分、ELEVENPLAYではインプット、仕事ではアウトプットというふうにしていきたくて。
MIKIKO 振付家・ダンサー 顔写真

インプットという点で言うと、実験的な試みもできる場所ですか。

そうですね。

やはり、頭でっかちになりすぎるのはよくない?

それもあるし、あとはやっぱり「今、自分が伝えたいことは何なのか」ということですよね。コピーや楽曲というお題や、アーティストに観客が求めるものを考えるのとは別に、まったく真っ白なところで、自分が何をやりたいかを明らかにする場所。その上で、ここにいるダンサーたちをいかに魅力的に見せるか、演出振付家として根本的な作業をしています。
最終的に言いたいのは、それぞれのダンサーには、日々いろいろな波があるけど結局、向き合うべきは自分自身だということ。そこから一歩抜け出せたときの感動や喜びは、観ている人全員がどこかで絶対に体験していると思う。
だから、観ているうちに観客が自分に重ねられるようものを創りたいし、観ている側と演じている側の思いが、グッと合致する瞬間を見つけたいです。時間や場所、踊る相手によって選ぶ曲も照明も変わるけど表現していることは一つ、人間という存在についてなので。
あとは先に触れた通り、私が広島でダンスを10年間やって感じた思いも大事にしたかった。東京にはスタジオも出演できる機会もいっぱいあるし、「ダンスのお仕事をする」という言葉が、当たり前にダンサーの会話に出てくるのも素晴らしいこと。だけど、東京はじっくり自分と向き合う時間を作るのが難しい場所でもあるんですね。
だから自分と向き合える場所を作って、ダンサーを育てる中で、広島の10年で感じた思いを大事にしたいという考えが、間違っていないことを確かめる場所にもなっています。
【次回】ダンスで舞台作品を創ることについて。


INTERVIEW インタビュー

演出振付家 MIKIKO

2017/12/08

演出振付家 MIKIKO【中編】「観る側と演じる側、二つの思いが合致する瞬間」

演出振付家 MIKIKO

2017/12/01

演出振付家 MIKIKO【前編】 「そのときの自分から生まれる、最新の表現を」