INTERVIEWインタビュー

DANCE DANCE ASIA – 東京公演(2015/10-11)

アフターインタビュー

3組の海外グループを含む18組のダンスグループが、5日間に渡って約15-30分の中編作品を披露したダンス・ダンス・アジア東京公演。終演後の出演者の皆さんからのコメントをお届けします!

p01

今回、中編作品を作ってみて苦労された点は何かありましたか?

SUZUKiYURi (Sem’udacha) : 中編作品の制作は初挑戦でした。オーディション用の8分の作品を本番用に膨らませていくことが一番大変でした。ストーリーを作りながら短い作品をつないでいく作業も初めてでしたが、楽しんでできたので、いい経験になりました。

151031moreno_funk_sixers_rh_0384_small_select

GUCCHON (Moreno Funk Sixers) : 僕の主な活動はバトルやショーで、どちらもダンスを表現する上で必要な場です。バトルで意識しているのは、勝敗はもちろんですが、ステージに立っている自分自身も、そしてそれを見ている観客にもワクワクしてほしいこと。これも、エンターテインメントだと思います。普段は5~10分のショーがメインなので、30分作品の制作はいい経験になり、表現の可能性がさらに拡がりました。

stkngz

shoji (s**t kingz) :
s**t kingzは今までに単独公演のための約90分の長編作品を2演目上演しました。長編を作る時は、全体の流れ、転換の仕方、間を繋いでいくことを意識します。またこれまでの体験や、さまざまな舞台を観て受けた刺激を結集させるいい機会になります。困難もありますが、それ以上にすごくワクワクします。

Philippine

フィリピンのPHILIPPINE ALLSTARSの印象はいかがでしたか?

黄帝心仙人 (タイムマシーン): 情熱的で、とにかく音楽に対してダイレクトにアプローチしていくダンスが僕たちタイムマシーンの世界観とは対照的でした。それは日本にはないパワーだなと感じたので、観ることができて良かったです。

MIHO BROWN (Red Print) : 見ているこちらも思わず踊りだしたくなり、とてもハッピーな気持ちになりました!そして、彼らの目が何ともキラキラしているのが大変印象的でした!また、音の感じ方がグローバル。様々なダンスジャンルの良さや表現力も見られ、音を深く感じとっていて、若い肉体とピュアな心が創り出すダンスには、ダイレクトな表現力を感じました。まずハートが動き、彼らの身体が大好きな音楽に乗って、感性が震え立ち、熱が生まれていました。はち切れていましたね。日本人にはなかなか見られないダイナミックなエネルギーだと思います。衣装もフィリピンの伝統的なモチーフを現代的に着こなしていて、アメリカでも、ヨーロッパでもなく、自分たちにとって最も関係の深い母国・フィリピンの伝統を大切にレペゼンしたスタイルを選んでいる事がすごく刺激的でかっこよかったです!

dda_day2_web_0121_select

ベトナムのグループ、S.I.N.Eの印象はいかがでしたか?

浦上雄次 (TAPDANCERIZE) : ブレイクダンスの高いスキルを見せるだけではなく、よく考え抜かれた構成で舞台作品として表現されていました。今後彼らのようなダンサーが世界中でどんどん出てくることを期待しています。

伊藤今人 (梅棒): 僕はブレイクダンスが好きで、バトルやショーケースもよく見に行きます。S.I.N.Eは、舞台作品であることにきちんとフォーカスをあてつつ、かといって演劇性に偏りすぎずに、ブレイクダンスの要素を上手く取り入れて作品を作っていた点がとてもよかったです。
ダンサーが舞台作品を作る時に、ストーリーを盛り込むのは、よく思い浮かぶアイデアです。S.I.N.Eはそれにとどまらず、体の動かし方、歩いている方向、舞台上を照明で区切るなどの手法をうまく取り入れて、靴や衣装など、余計なものをつけずに、とてもシンプルに作品を作っていましたね。身体能力やスキルの素晴らしさを生かす作品にまとめていました。自然と彼らの動きや表現に目がいくように作られていてすごく好感が持てました。ただ単に音楽をガンガンかけてバトルやショーケースでかっこよさを見せるだけではなく、ブレイクダンスの魅力を舞台作品の中で紹介するひとつのかたちをS.I.N.Eのみなさんが僕ら日本人に見せてくれました。舞台作品を作りたいと思っている日本のB-BOYにも是非見てほしいと思いました。

dda_day5_web_0413_select

タイのTHE ZOO Thailandのパフォーマンスはいかがでしたか?

ZIN (Hilty & Bosch) : 僕らもよく海外遠征しますが、最近はアジアダンサーのレベルがめきめき上がっていると感じています。今回のTHE ZOO Thailandのみなさんの作品からもまさにそれを実感しました。いろんなジャンルをひとつの作品にうまくまとめていて、これぞまさにダンス!さらに、お客さんを巻き込むステージングも素晴らしい。彼らのショーマンシップを見習いたいと思いました。今回公演を観ることができてすごく良かったです。

shoji (s**t kingz) : 海外、特に東南アジアのダンサーは、同じ文化圏にいてもエネルギーの種類が違うと感じます。日本にはない独自のすばらしいエネルギーを個々が持っていて、見ていてすごく楽しいし、わくわくします。特にTHE ZOO Thailandのみなさんの公演は、動物の要素がパフォーマンスに入っていたと思いますが、「日本人だったらこういう声の出し方はしないし、ここまであからさまにやらないかもな」と、すごくストレートな表現のパフォーマンスが見ていてとても気持ちよかったです。

YOSHIE (BIG4 / SNAZZY DOGS) : 今回参加していたフィリピン、ベトナム、タイの3グループの作品を、すべて見ることができました。アイデアがとても斬新で、表現することにブレーキがない。中でもTHE ZOO Thailandのみなさんからは、お客さんを喜ばせたいという意気込みがすごく伝わってきました。表現のバランス、展開がおもしろく、ドリフターズを見ていた子供の頃のように楽しませてもらいました。終演後に会った時にも、日本人だとちょっと構えてしまうところがありますが、人懐っこくて、常にオープンマインドで、その人柄もとてもいいなと思いました。

dda_day2_web_0086

国境を越えて、これからのダンスシーンに期待していることをお聞かせください。

小川麻紀子 (free line) : 今まで国内だけで活動してきたのですが、こうやって東南アジアのダンスグループの方々と同じ空間に立てたことによって、すごくつながりを感じました。私たちのグループ名はfree lineですが、まさにダンスは自由な表現なので、言葉のないダンスを通じてアジアや世界とつながっていきたいです。

dda_day2_web_0069_select

浦上雄次 (TAPDANCERIZE) : 今、世界中がダンスという言葉でつながっています。しかし、そのダンスがどこから来たのかを、自分も含めてもっと勉強する必要があります。例えば、ブレイクダンスはどういう文化から発祥したのか、また、マイケル・ジャクソンが憧れていたのは、伝説のタップダンサーのフレッド・アステアやニコラス・ブラザーズだったということを、若い子たちに教えてあげられると、もっとダンスに対する興味や意識が広がると思います。

dda_day2_web_0175

SETO(SNAZZY DOGS) : 最近のアジアのダンスシーンは本当にエネルギーがすごい。少し前までは、アジアでは、日本人がトップというイメージがありました。いまそれを覆すほどのいいダンサーがたくさん出てきました。みんなで切磋琢磨して、アジア圏内のダンスが盛り上がっていけばいいと思います。もともとストリートダンスはアメリカが発祥ですが、そことは一線を画す、アジア人じゃないとできない、アジアならではの味がある。だから、アジアのダンサーが自分の国をレペゼンできることをやれば、ストリートカルチャーはもっと広がって、どんどん良いものになっていくと思います。

dda_day1_web_0427

黄帝心仙人 (タイムマシーン) : DANCE DANCE ASIAのテーマはダンスを通じた交流です。それはすでに達成していると思います。そろそろ次のステップを目指してもいいんじゃないかな。まだ具体的なアイデアはありませんが、アジアのさまざまな地域に行ってお互いを知り合った上で、では次は何がつくれるのか。僕らもDANCE DANCE ASIAでクアラルンプールとジャカルタに派遣していただき、行く度に現地の方との有意義な交流がありました。次回は、交流の先の何かを、しっかり現地に残して、そして日本にも持ち帰っていきたいと思います。

151031umebo_0036_small

伊藤今人 (梅棒) : 僕はもともと日本国内へのアピールを常に考えていて、積極的に海外に行こうという思考の持ち主じゃなかったんです。梅棒の作品は、いつも日本的な題材をJ-POPにのせて踊っていて、基本的にはノンバーバルなパフォーマンスです。2015年の3月にDANCE DANCE ASIAでタイに派遣していただいたときは、外国でどれだけ受け入れてもらえるのかなという不安がありました。でも、すごく温かく迎えられて、「伝わるんだ」という確信が持てました。DANCE DANCE ASIAに参加したことで僕らの思考の間口が広がり、自信にも繋がりました。海外で積んだ様々な経験や実績を活かして、これからも日本はもちろん、海外でも通用する作品を作っていきたいと思っています。

dda_day1_web_0357

MIHO BROWN (Red Print) : 私たちは日本で生まれ育って、今までいろいろな音楽を心で感じて踊ってきました。日本のダンサー代表としてDANCE DANCE ASIAのジャカルタ公演への参加が決まった時は、世界の人と友達になれるような作品づくりを意識しました。ジャカルタでの観客の反応に、言葉を越えて、人間同士としてつながれるということを全身で感じることができました。また、海外の人は私たちにはないものを持っていて、それがすごく刺激的でした。私たちが全く予想していないところで会場が沸いたこともありました。本当にプラスになることばかりでした。

国際交流基金の方に支援していただいて、アジアの皆さんと会う時間や距離も縮めていただいた。こんな素晴らしい機会はなかなかないです。これからもたくさんの才能を持った若者や、年を重ねても新しいことにチャレンジする方、生きている間にたくさんいいものを吸収して、共有していきたいというエネルギーあるダンスを愛する人たちと、もっともっと交流して新しいダンスエンターテインメントの可能性を夢見ていきたいですね。本当に感謝しています。

dda_day3_web_0394_select

YOSHIE (BIG4 / SNAZZY DOGS) : 今回のようにお互いの国の作品を直接観ることが、一番の交流だと実感しました。DANCE DANCE ASIAでは、刺激しあったり、お互いの良さを理解したり、アイデアをインスパイアし合ったりすることができ、とても素晴らしいなと思いました。私たちもDANCE DANCE ASIAの海外公演に参加したいなと思いますし、日本とは違う反応を体験してみたいですね。こういう直接的な交流をすることでアジアのダンスは絶対発展すると思います。

ストリートダンスを通じて世界と交流していく上で、これからこちらから発信していきたいことや、世界に伝えたいメッセージはありますか?

GUCCHON (Moreno Funk Sixers) : 海外で筋力と体力だけで勝負すると、正直僕らアジア人は欧米人、南米人に比べて弱いです。でも、ダンスは、筋力と体力だけではなく、音楽性やオリジナリティ、グルーヴ、そしてその人が持つ魂も重要な要素。ダンスでの勝負の仕方は数多くあり、そんな所も魅力的です。劣等感を持たず自信を持って、ダンスの魅力を発信していくべきです。

shoji (s**t kingz) : 最近日本のダンサーは海外で認められやすい土壌が作られているので、すごく海外に出やすい環境になっていると思います。日本では評価されないパフォーマンスでも、国境をまたぐだけで、多くの人の心を動かすことがよくあります。評価の逆輸入もとても影響力があるので、自分の価値観をぶつけて、評価されて、帰国してからおもしろいショーを作れたら、新しい風を吹かせることができると思います。これは日本に限ったことではないでしょう。世界とつながることでますますダンスがよくなっていくのが楽しみです。


INTERVIEW インタビュー

2017/07/04

A Frame – Shibuya StreetDance Week 2015 - A...

2017/06/30

Memorable Moment / 言葉に頼らず、気持をもっと伝えたい

2017/06/30

Hilty & Bosch / 見えてきた夢の広がり

2017/06/30

AREA ROCK STYLER / とことん挑戦!ぶつかって学んだ「人対人」

2017/06/28

DANCE DANCE ASIA 東京公演(2015/10-11) アフターインタビュ...

2016/12/08

DANCE DANCE ASIA …

Team LION T

2016/12/08

DANCE DANCE ASIA …

Team VINCE

2016/12/08

DANCE DANCE ASIA …

Team MIKEY

2016/08/26

バンコク・タイツアーアフターインタ…

90's / たくさんの勉強と収穫。チームとして実り多き時間。

2016/08/26

バンコク・タイツアーアフターインタ…

東京ゲゲゲイ / どこも一緒。そこにあるのは一人一人の人間。

2016/08/26

バンコク・タイツアーアフターインタ…

梅棒 / リアルタイムに感じた「伝わっている!」

2016/08/24

ベトナム・ハノイツアーアフターイン…

Memorable Moment /「心を解放して、まず楽しむ」初心を思い出させて…

2016/08/24

ベトナム・ハノイツアーアフターイン…

90’s / いろんな国の90’sクルーができたらうれしい!

2016/08/24

ベトナム・ハノイツアーアフターイン…

Moreno Funk Sixers / 「人が持っているパワーが強い!」

2016/08/02

インドネシア・ジャカルタツアーアフ…

Red Print / 声援とまなざしがエネルギーに

2016/08/02

インドネシア・ジャカルタツアーアフ…

RECKLESS / 全員が1つの目標に!舞台制作で深まった結束

2016/08/02

インドネシア・ジャカルタツアーアフ…

タイムマシーン / 見てもらうだけでは得られない、副産物の生まれる可能性

Memorable Moment

2015/12/18

プノンペン・ビエンチャンツアー直前…

Memorable Moment /心を伝えたい、心でつながりたい。

Hilty&Bosch

2015/12/18

プノンペン・ビエンチャンツアー直前…

Hilty&Bosch /ダンスを通じてボーダーレスにつながりたい

AREA ROCK STYLER

2015/12/18

プノンペン・ビエンチャンツアー直前…

AREA ROCK STYLER /未知なことを楽しむ!

TimeMachine

2015/12/10

マレーシア・クアラルンプールツアー…

タイムマシーン / 国や国境に関係なく作品を残していきたい

BLUE TOKYO

2015/12/10

マレーシア・クアラルンプールツアー…

BLUE TOKYO /言葉はいらない。心が通じ合ったワークショップ。

2015/12/10

マレーシア・クアラルンプールツアー…

WRECKING CREW ORCHESTRA / ストリートダンスを世界に広める先駆...

Red Print

2015/08/20

インドネシア・ジャカルタツアー直前...

Red Print /コメディで皆をハッピーに!

RECKLESS

2015/08/18

インドネシア・ジャカルタツアー直前...

RECKLESS / RECKLESSで新体験を!尊敬し合う仲間との挑戦

TimeMachine

2015/08/16

インドネシア・ジャカルタツアー直前...

タイムマシーン/自然と涙が出る作品を届けたい

90's

2015/03/25

タイ・バンコクツアー直前インタビュー

90’s / 若く!パワフルに!個々の表現がひとつに!          

TOKYO GEGEGAY

2015/03/25

タイ・バンコクツアー直前インタビュー

東京ゲゲゲイ / 現地ダンサー、子供たちとのコラボレーションに期待。

umebou

2015/03/25

タイ・バンコクツアー直前インタビュー

梅棒 / 観たままを楽しんで!               

Memorable Moment

2015/03/13

ベトナム・ハノイツアー直前インタビュー

Memorable Moment / 今までにない表現で一つのストーリーを展開